top of page

子供の脳の中で何が起こってる?〜what is happening inside the child's brain?

更新日:2023年7月10日

(english below)


娘は昨年9月よりヴァイオリンをはじめた。


友人が教えてくれると言うので、よい機会と思い始めることになったので遅いスタートだった。

ピアノを教えているときは、試行錯誤の連続で、音の高低や譜読みに苦労したので、ヴァイオリンを始めることで、どうなることかと不安と興味をもって見守ってみた。


弓の持ち方、弓の運び方、楽器の構えなど、楽しいアイディアたっぷりのアプローチでゆっくりじっくりみてもらい、忍耐強く指導する友人をみながら、どれだけ、弦やピアノの幼児、子供に対する音楽教育は専門分野で特別称賛に値するものだと改めて思った。


先日のレッスン中も、新たにスラーを練習することになり、これまで修得したことに新たな動きが加わるとき、

スラーにならず、弓を返す

→弓は動いたが、左手が合わず

→同じことを行ったり来たり数回

→できた!

という行程をみながら


「ああ!彼女の脳の中では新たな動作をプログラミングするために

どれほどの情報をプロセスしているのか!そして成功してマスターしたときの達成感!」


この繰り返しなのだな。


指導を聞きながら

手本を聴きながら

自分を聴きながら

自分の問題に気づき

直すチャレンジ


ほんの短い間にすごいことをやってのけていることを

本人はしらない、、、。


私はクラリネットをやっている。

クラリネットは体がある程度成長して、

楽器が持ちこたえられ、

歯が生え変わったころから始めることを推奨している。


事実、私が教えた一番小さい子供は5才だったが、、、^^;

(いくらなんでも小さすぎた)


クラリネットを手にするまでに、幼少の頃にピアノを習っていたこと、ダルクローズリトミックをする幼稚園に行ったことにより、早くから音楽にふれ、体や感覚を通し自然とリズム感や音感、判断力、適応力を養ってもらっていた環境にあったのだと両親に感謝である。


中高生をレッスンするとき、クラリネットが初めての楽器である場合、やはりアプローチの仕方を考える必要がある。 リズム感覚、体の動かし方、基本的な演奏スタイルの理解をしっかりもてるようこれからも研究していきたいとおもう。


My daughter started violin last Sep. Thanks to my violin friend who generously sacrificed her busy schedule to find time to instruct her.

I was a bit nervous and excited at the same time as it was challenging for me to teach her piano especially on reading music and knowing the highs and lows of the notes.


I was watching my friend teaching her patiently with many attractive ideas on how to hold the bows, how to move the bow and hold the instruments. It made me realize once again how much the people who offer toddlers and kids music education require special knowledge and strategy and deserve special recognition.


The other day, in the lesson, my daughter was introduced to a new technical challenge, to "Slur".

First, she couldn't do. Next time, the bow moved right but not her left hand. Then, same thing back and forth. And finally, she did it!


Wow! how much information she is processing in her brain in that short amount of time? And seeing her smile when she finally mastered!


I teach clarinet. I recommend kids to start a clarinet when you're physically strong and be able to hold the instrument and you have adult front teeth. (I once had the smallest students who are 5yr old: they were too little!!!)


Before I picked up the clarinet, I studied some piano and was exposed to the Dalcroze Eurhythmics at the kindergarten. Those music education made my backbone of my musicality and adaptability skills.


When Jr-high schoolers come for clarinet lessons without early music education, it requires special approach. I will further research and adopt appropriate and efficient ways for them to experience music better and deepen their knowledge. Learning continues......




ロゴ

閲覧数:34回0件のコメント

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page